皆が揃った祖父のお葬式

皆が揃った祖父のお葬式

皆が揃った祖父のお葬式

先日、私の祖父が亡くなりました。90歳だったので、大往生だったのですが、やはり亡くなった祖父と対面したときはすごく悲しく涙があふれました。わたしは小さい頃、祖父母と同居していたこともあったので、孫の中では人一倍祖父への思い入れも強く、成人して実家を出てからもこまめに会いに行っていました。結婚した後も、祖父にとってはひ孫である子どもたちを連れて、連休や夏休み、冬休みに会いに行きました。2か月前のお盆に会いに行った時には、祖父はすごく元気で、わたしたちが持って行ったお寿司をおいしそうにもりもりと食べていました。ここ最近で一番元気そうな姿だったので、急に亡くなったことにわたしも子どもたちもショックでした。

祖父のお葬式には、孫11人とひ孫5人が顔をそろえて、みんな揃って天国へお見送りしることができました。通夜の晩には、夜通しお線香をあげながら、祖父の思い出話や、それぞれの近況などを話し、ワイワイと過ごしました。祖父は亡くなったけれど、こうやって皆が集まり、懐かしい思い出話ができたことはすごく良い時間だったと思います。孫を可愛がっていた祖父も絶対に喜んでいるに違いないと、皆口をそろえて言っていました。祖父がどれだけみんなに愛されていたかを知ることができた夜でした。

おすすめ!